【検証】属性貫通弾の距離による補正の有無 | A gunner.

2017/05/02

【検証】属性貫通弾の距離による補正の有無

「属性貫通弾は物理ダメージについてはクリティカル距離の補正を受け、属性ダメージはクリティカル距離の補正を受けないため、実質クリティカル距離は考慮しなくていい」というのが通説として知られていますが、公式からの情報ではないとなるとやはり疑わしく感じてしまうものです。よって、貫通属性弾はクリティカル距離が存在するかを確実なものにする為に検証を行うことにしました。

■目的・方法

リノプロスに検証弾を様々な距離で発射後、キック(蹴り)・投石で死亡させる。蹴り・投石の回数を数えることで距離による弾威力の補正を知ることができる。

武器:ユクモ重弩(攻撃力:100 会心率0% ノーマル)
装備:ネセト一式
スキル:貫通弾全LV追加 スキル加点+2 キープラン 装填数UP 護石系統倍化

■基礎情報

村★2 古代林 リノプロス 頭 弾:45(火:0 水:45) 胴:85(火:10 水:50)
蹴り・投石による体力推定値 58(試行二回:15蹴 28石 25蹴 8石)

■結果

「クリ音」とは以前の検証で示した軽快音を示すことにします。

この音が鳴った回数を以下の表の第6列とし、適正距離であることにします。
試行番号 弾種 照準 距離 ヒット数 クリ音 蹴り/投石 算出ダメージ
1 貫火LV1 2.0回避 2 2 10/36 1(2/2)
2 貫火LV1 3.0回避 1 1 25/7 1
3 貫火LV1 5.0回避 1 0 25/7 1
4 貫水LV1 2.0回避 1 1 24/0 10
5 貫水LV1 2.0回避 1 1 20/8 10
6 貫水LV1 5.0回避 1 0 20/8 10
7 貫火LV1 2.5回避 2 2 20/8 5(10/2)
8 貫火Lv1 5.0回避 2 0 20/10 4(8/2)
9 貫水LV1 2.5回避 1 1 15/2 26
10 貫水LV1 1.0回避 1 0 15/4 24
11 貫水LV1 6,7回避 1 0 20/0 18
この結果を少しずつ紐解いていきましょう。
まず、リノプロスの頭は火属性は一切通りません。また弾肉質も非常に高いため、殆ど物理ダメージは見込めないといえます。胴体は別で、同じように火属性は通りませんが他の属性ダメージや物理ダメージは期待できます。

胴に対する結果を見てみましょう(試行番号9~11)貫通水冷弾の威力が距離によって変化しています。これは物理ダメージか属性ダメージが距離によって変化していると取れます(*1)

次に頭に対する結果(試行番号4~6)に目を移すと、どちらの属性弾も距離によって与えられているダメージが変化していません。しかし、貫通水冷弾においては距離に依存せずダメージを与えています。(*2)

(*1)(*2)により、仮に属性ダメージが距離によって変化するのであれば、試行4~6でより高いダメージを与えているはずである、すなわち適正距離による威力補正は物理ダメージにのみ行われているということになります。(*3)

また、試行番号1~3、7~8によって貫通属性弾による物理ダメージは非常に小さく、殆どが属性ダメージであると考えられるため、(*3)の物理ダメージの威力補正は無視できると考えてよさそうです。

■結論

属性貫通弾にも適正距離は存在しますが、物理ダメージは大型モンスターでは考えなくて良いほど微小であるため、ヒット数を稼ぐことに重点をおくべきだと言えます。

0 件のコメント:

コメントを投稿